診療内容

幅広い治療内容

「体のことなら、三宅医院へ相談すれば何とかなる」

一般内科や外科はもちろん、消化器や循環器系の専門的な治療も承ります。また、医師の意見を一方的に押しつけるのではなく、丁寧な説明と十分な対話に心がけ、患者さんと共に進める医療を心がけています。

消化器疾患

このような方は、消化器疾患の可能性があります

  • 胃がもたれる、痛い
  • 食後お腹の張りが続く
  • 便の太さや硬さが、いつもと違う
  • 刺激の強い食べ物や発泡飲料を好む
  • 味覚や、食べ物の好みが変わってきた など

消化器疾患の特徴

消化器疾患は、機能的な症状と器質的な症状に大別されます。機能的な症状とは、内視鏡検査でも異常が見つけられないのに、胃痛が継続するようなケースです。このような方は「機能性ディスペプシア」が疑われます。いわゆる「気のせい」と軽視せずご相談ください。

器質的な症状とは、臓器そのものの変調であり、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃腫瘍、胃腸炎などが挙げられます。いずれにしても、当院の院長は消化器外科を専門にしてきましたので、安心してお問い合わせください。

当院の治療方法

お薬の処方や食事の指導などがメインになります。入院や手術が必要な場合は、専門の医療機関をご紹介いたします。なお、胃の内視鏡検査については当院で行えますので、詳しくは専用ページをご覧ください。

内視鏡検査

治療後の注意点

辛い食べ物や発泡飲料の過剰摂取など、胃に悪い影響を及ぼす要因が見受けられた場合は、医師から改善のためのアドバイスを行うことがあります。できる範囲で構いません。他人と比較したりせず、自分ならではの食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

生活習慣病

このような方は、生活習慣病の可能性があります

  • 健康診断で異常な数値を指摘された
  • お酒を飲むと心臓がバクバクする
  • おなか回りが気になる
  • 最近体重が急に増えた
  • 外食が多く、生活リズムも不規則 など

生活習慣病の特徴

生活習慣病とはその名の通り生活習慣が原因で発症する疾患のことです。偏った食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒、過度のストレスなど、好ましくない習慣や環境が積み重なると発症のリスクが高くなります。生活習慣病には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあります。最初は単独の異常であっても放置すると連鎖が始まり気づかないうちに進行し、脳や心臓、血管などにダメージを与えていきます。その結果、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあります。そのため、生活習慣病は"サイレントキラー"と呼ばれています。よって生活習慣病は初期のうちに(単独犯のうちに)改善することが重要です。

なお、発見のきっかけとしては、健康診断が多いようです。社保に入られていない40歳未満の方は、健康診断を自主的に受けていただくほかありません。費用はそんなにかかりませんので、前向きにご検討ください。

当院の治療方法

治療後の注意点

ぜひ3カ月後に再検査を受け、「頑張り度チェック」をしてみてください。仮に数値が改善されていなかったとしても、それはそれで構いません。ただ、ご自身の健康管理に第三者の目線を入れることで、本気度が異なってくるのではないでしょうか。

また、どの程度の運動がどれぐらいの数値に影響するのかも、皮膚感覚として持っていただきたい部分です。その後の進め方をご自身で判断できるでしょう。ある程度の長期間を前提に、体質改善へ取り組んでください。

生活習慣病の治療はお薬・食事療法・運動療法が三本柱となりますが、初期(軽症)の場合は食事の改善と運動のアドバイスをメインとし、お薬は第一優先としていません。お薬を「お守り」のように捉えると、健康管理がおろそかになりかねないからです。目の前の症状にとらわれず、根本原因を改善していきましょう。

内科疾患

このような方は、内科疾患の可能性があります

  • 嘔気や嘔吐、胃痛や腹痛、便秘や下痢などを伴う胃腸疾患
    (胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃腫瘍、胃腸炎、過敏性大腸症候群 など)
  • 胸やけや酸っぱいものがあがってきたり、咳の原因となる逆流性食道炎や食道疾患。
  • 激しい腹痛や熱発の原因となる胆石胆嚢炎、胆嚢ポリープ、総胆管結石、膵炎など
  • だるさや微熱の原因になり、皮膚が黄色くなる肝蔵疾患(肝炎、肝硬変、肝腫瘍など)
  • 肝臓に脂肪が蓄積した脂肪肝。肛門痛や血便をきたす痔疾患
  • 胃がん、大腸がん、食道がん、肝がんなどの消化器系のがん及び乳がん

循環器疾患

このような方には、循環器疾患の可能性があります

  • 頭痛や顔のほてり、動悸などで気づかれる場合もあるがほとんどが無症状の高血圧
  • 胸や背中が痛くなったり、左手がしびれたり、歯が痛くなったりする狭心症、心筋梗塞
  • 動悸やめまい、失神の原因となる不整脈。息切れがして、むくみが出たり、夜息苦しくて横になれない心不全

外科疾患

このような方には、外科疾患がおすすめです

  • 切り傷に対する縫合処置。
  • すり傷やヤケドに対する創傷処置。
  • 外科手術後など創傷処置。
  • 皮膚・皮下のできものや粉瘤・脂肪腫などに対する外来手術。
  • 巻き爪などの爪トラブルの処置 など。

ご予約・ご相談はお気軽に

三宅医院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい 045-861-2561 診療時間 9:00~12:00 14:00~18:00 休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日
  • ドクターズファイル (街の頼れるドクターたち)
  • 院長ブログ
  • よくある質問